武田二十四将って? いわゆる『武田家選抜家臣団』というわけですが、資料によってもその面子はバラバラなので、実際には『武田三十六将』くらいのほうが納まるんですケド、今回は私の勝手で選ばせて頂きました。信玄公を入れて24人の筈が、あれ、一人多いぞ?まあいいか。(^_^;)コメントはこれまたワタクシの独断と偏見によるものですので、あまり勉強には役立ちません。(笑)
▼がついてるものは他に詳しいページ
をご用意しました。要するに思い入れの強い方々です。クリックすると更にカルトな世界へ飛んじゃいます。何も反応がない場合は工事中です、もう暫くお待ち下さい。ゴメンナサイ.(^_^;)
武田信玄
たけだしんげん

(工事中)
武田晴信・武田大膳大夫。このお方に関しては今更説明もいらないかなあ。父を追放し、息子を死に追いやったと悪名も高いが大義名分を重んじるこの時代に言い訳もしないのがむしろ潔い。政治的手腕にも優れた合理主義者だが、意外と部下思いで結構気配りさんなのだ。墓は山梨県塩山の恵林寺にある。甲府市内には「火葬塚」もあるが、終焉の地である、長野県根羽村の「信玄塚」は今も山々に囲まれており、こんな所で主君を看取らなければならなかった家臣の嘆きをちょっとばかり考えてしまった。
武田勝頼
たけだかつより
「無能な2代目」的な印象が強いが、近年逆に「父・信玄の負の遺産を受け継いだ犠牲者」として、世の同情を集めガチ。戦にも強く、確かに無能ではなかったろうけど、人の心を掴むのは苦手だったようだ。家臣が主君を慕うのは当然だと思っていたのだろうか。その辺、父信玄よりお育ちが良すぎたかな(笑) 実際心の優しい人物だったそうだが、そこに付け入られたのか思うと残念ではある。墓は山梨県大和村の景徳院にあり。
武田信繁
たけだのぶしげ
左馬助・典厩兄思いで勇敢で、他家からの評価も高い。武田ファンで彼を嫌いな人はいないだろう。川中島で兄を守るために討ち死にしたシーンは、私的には謙信・信玄の一騎打ちよりポイント高し。川中島古戦場の近くの「典厩寺」に墓と遺品が残っている。(ちょっとアヤシイ雰囲気がまたよろしい)。
武田信廉
たけだのぶかど
武田逍遙軒。信玄の影武者・芸術的才能の持ち主...という以外にあまり印象がないのだけど…。勝頼の後の高遠城の守将で、設楽が原の決戦では土屋昌次と共に中央突破隊を指揮したらしいが、彼をはじめ武田の親族衆は殆ど生き残っている。やはりこの辺りに疑惑が残る。
一条信龍
いちじょうのぶたつ
右衛門太夫。信玄の異母弟。8男坊。山県昌景曰く「華麗にして伊達を好む性質」だったらしい。しかし一条家は実戦派の名門、信龍は山県と轡を並べた歴戦の雄。彼の最期は病死、戦死と説が分かれるが、山梨県三珠町に徳川軍を迎えて戦ったと言う「上野城」祉碑が残っている。
穴山信君
あなやまのぶきみ
玄蕃守。入道して梅雪。母は信玄の姉、妻は信玄の娘で、親族衆筆頭格だった。側室の子で、諏訪を名乗っていた勝頼を快くは思ってなかったのだろうが、勝頼の娘を息子の嫁に、という約束を反故にされたことで、ますます溝を深めたのかもしれない。最後の選択で徳川につくことを選んだのは武田家存続の為だったかもしれないが、結局は滅亡に導くこととなった。
板垣信方
いたがきのぶかた
駿河守。晴信家督相続後、甘利虎泰と共に「職」を務める。赤備えを考案し、策略家の猛将で頼りになる腹心のイメージがあるが、意外と暴走気味だったようだ。村上義清との戦いで、上田原にて戦死。墓は今も畑の中に「板垣神社」として残っている。(神社と言うほどのものではナイが)お参りに行く際は煙草を持って行くと板垣殿に喜ばれるらしい
甘利虎泰
あまりとらやす
備前守信虎の時代から武田家に仕え若き晴信を支えた重臣。しかしどーも板垣や飯富らに比べて印象が薄い気がするのは私だけ? 息子の甘利昌忠も父譲りの剛将で、武田家最年少の15歳で侍大将となったが落馬の傷が元で31歳の若さで急死した。
馬場信春
ばばのぶはる

(工事中)
美濃守。武田家譜代家老衆筆頭格で「一国大守」の器量人と言われた名将。長篠の合戦では殿をつとめ、勝頼を無事逃がすと敵の中に突っ込んで行った。織田方の史料でも馬場を賞賛している。長篠・設楽が原では馬場の史跡は多く、墓の他に戦死の地、石碑などがある。地元での人気も鳥居強右衛門に次いで高そうだ。
飯富虎昌
おぶとらまさ
兵部少輔。赤備えの精鋭部隊を指揮した猛将。信玄の長男・義信の伝役だったが、その義信の謀反事件に連座して切腹。自ら責任を負うことで義信を守ろうとしたのだろうか。義信とて決して愚将ではなかったが、父・信玄にはなれなかった。
山県昌景
やまがたまさかげ

(工事中)
右兵衛尉。旧姓飯富源四郎、飯富虎昌の弟である。(個人的には実弟じゃないのではと思うのだが)義信と兄・虎昌の謀議を信玄に密告、結果的に兄を死に追いやることになる。兄の死後、山県を名乗り赤備えを率いる。徳川家康は山県の評判を聞き部下の本田信俊の子の幼名を山県」とさせたが、三方が原では手加減はしてもらえなかったようだ。家康、残念(笑)。
高坂昌信
こうさかまさのぶ

弾正忠。この人がいなかったら私は武田に興味も持たなかったかもしれない。元は石和の百姓の出だが、才知と美貌が信玄の目にとまり奥近習として仕えるようになる。早い話信玄の寵童だったわけだが、これも当時の武将としてはエリートコース。26歳で侍大将になり、信州小諸城代を経て海津城主へ。彼が記した「甲陽軍鑑」は今も武田家の人気を支えている。
真田幸隆
さなだゆきたか
弾正忠。真田氏の氏祖。六連銭もここから。信濃の本拠地を村上・諏訪連合軍に奪われ、その奪回の為に武田の傘下に入る。旧領を取り戻した幸隆は信玄が惨敗を喫した村上氏の戸石城を謀略で落し、以後信濃先方衆として譜代の家臣にも負けぬ働きをする。信玄の死の翌年、後を追うように世を去った。墓は長野県真田町の長谷寺にある。

三枝守友
さえぐさもりとも
勘解由左衛門尉奥近習6人衆の一人。山県は彼の戦い振りを「若獅子のよう」と称え、「山県」の名や名刀を授けたりしている。その頃「山県善右衛門」と名乗っていたというが、それは別人との説アリ。長篠城攻めの時は鳶ヶ巣山に陣取っていたが徳川軍の夜襲を受け、全滅。設楽が原の決戦を急がせる結果となる。鳶ヶ巣山のふもと・『姥が懐』に「三枝守友・守義兄弟の墓」がある。
小山田信茂
おやまだのぶしげ
左兵衛尉。郡内小山田氏は固有の領土権を認められており、武田との関係は同盟に近い。土壇場で勝頼を裏切り、瀕死の武田家にとどめをさしたことで武田贔屓には印象が悪いが、自領を守るためには仕方ない選択だったのだろう。でもどーせ見捨てるつもりだったら最初から「ウチに逃げておいで」なんて言わないで欲しいなあ。(勝頼のキモチ)
内藤昌豊
ないとうまさとよ

(工事中)
修理亮信繁亡き後の「真の副将」とまで言われ、「彼ほどの弓取りならば活躍して当然」ということで、一通の感状も貰わなかったと言う。しかし三増峠の戦いの時「小荷駄隊はいやだ」と駄々をこねたり、信玄没後勝頼の側近たちと大喧嘩したり、なかなか味のある人物のようだ。彼は上州箕輪城に在城、善政を施した。群馬県箕郷町に「内藤塚」という墓がある。
秋山信友
あきやまのぶとも

伯耆守。武田氏と同じ甲斐源氏の一族。伊那の郡代を務め高遠、飯田城に在城し美濃の押さえとして信玄の後顧の憂いを断つ。美濃岩村城攻めでは信長の叔母にあたる女城主を妻に迎えることで無血開城に成功する。が、設楽が原の敗戦で岩村は孤立無援となり秋山は妻と共に織田軍に捕らえられ長良川で逆さ磔にかけられる。
原 虎胤
はらとらたね
美濃守。信虎・信玄の2代に仕えた剛将。『鬼美濃』の異名を取り、合戦に臨むこと38回、全身の傷は53箇所を数えたという。傷ついた敵の老将を敵陣に送り届け、「元気な姿であいまみえよう」と言ったというのは有名な逸話。永録4年の川中島には怪我のため不参加。虎胤の死後、信玄は「虎胤の他に美濃守はいない」と言ったそうだが結局後に馬場が美濃守を名乗っている。
土屋昌次
つちやまさつぐ

(工事中)
右衛門尉。若手のホープ。旧姓金丸平八郎。奥近習として仕え、永録4年の川中島で17歳の初陣を飾る。信玄没後、殉死を願い出るが、高坂に『信玄公の遺志を守り勝頼公の為に働くのが務め』と諭される。しかし設楽が原で敵の馬坊柵を引き抜こうと単騎突入、鉄砲の集中砲火を浴びて討死。 現在馬坊柵の内側にあじさいの花に囲まれて「昌次戦死の地」の石碑が残る。享年31歳。
真田信綱
さなだのぶつな
左衛門尉真田3代といえば幸隆・昌幸・幸村(信繁)だが、実は昌幸の前にこの信綱が真田の当主だった。しかし真田家を継いで1年で設楽が原で戦死してしまったためイマイチ影が薄い。真田町の『信綱寺』に、部下の白川兄弟が信綱の首を入れて持ち帰ったとされる、信綱の『血染めの陣羽織』と鎧の胴が残っている。宝物館で拝観可。墓もこの寺にあり。
多田満頼
ただみつより
淡路守。信虎・信玄に仕えた。信州虚空蔵山の守備をした時、火車鬼を退治した、という武勇伝を持つ。おそらく火付け夜盗の類のことではないかと思われるが、そんな伝説が生まれるほどの剛の者だったのだろう。湯村温泉にも『多田三八の鬼退治』の伝説があるそーだ。
原 昌胤
はらまさたね
隼人佑父・昌俊の代から武田家の陣馬奉行の要職を務める。合戦場の地理・地形を見極め、布陣を決める。戦況の変化にも対応しなければならず、それによって勝敗が決まるとさえ言われていた。原親子は天才的な才能があったようで、信玄も全面の信頼を置いていた。陣馬奉行は直接戦闘に参加することは少ないが、設楽原では昌胤も騎馬200騎を率いて参戦、討死した。
真田昌幸
さなだまさゆき
(武藤喜兵衛)

真田幸隆の3男。旧姓真田源五郎、武田時代の殆どは武藤喜兵衛の名で過ごした真田安房守昌幸、真田幸村の父である。7歳の時に人質として甲斐に来るが、その後信玄の奥近習として仕え、信玄の絶頂期の戦術を間近で学ぶ。初陣は15歳、土屋昌次と同じ川中島。武田家滅亡の折、勝頼が昌幸の城に逃げることを選んでいれば歴史は変わっただろうか。次々と主家を換え、狡猾な人物とのイメージがあるが、彼にとってはいつまでも信玄こそが主君だったのかもしれない。墓は和歌山県九度山にあり。
横田高松
よこたたかとし
備中守。信虎・信玄に仕える。甲陽5名臣(多田・原美濃・小幡山城・山本・横田)に数えられる知将。彼は信虎の募集に応じて甲斐にやってきたいわゆる『外人部隊』である。高松は滋賀の出身で、甲賀忍者も使っていたという。天文19年、村上義清との戦いで殿軍を務め、本隊の退却を助けるが、村上勢に囲まれ討死。これがいわゆる『戸石崩れ』である。
山本勘介
やまもとかんすけ

入道して道鬼。24将で最も有名な人物ではないだろうか。実在、架空説・軍師だ、イヤ、ただの足軽大将だ、などなど最も謎の多い人物でもある。川中島で彼が提案した『きつつき戦法』にも疑問が残る。しかしその謎が彼の人気の元かもしれない。長野県松代町の土手沿いに墓があり、南長野運動公園の近くに移転を繰り返した『勘介宮』が再健された。
|TOP||HOME|