| 年表 | | 史跡 | | 関連図書 | | 秋山雑記 |   

秋山図

馬印=橘
秋山伯耆守信友
あきやまほうきのかみのぶとも

家紋=三階菱1527〜1575。秋山氏は武田と同じ甲斐源氏の一族。武田始祖・武田信義の弟・加賀美遠満の長男、秋山 太郎光朝からなる。信友は武田氏に仕えた12代目の 当主。天文10年(1541)、元服した信友は翌天文11 年・22歳の主君晴信の諏訪攻めの軍に近習衆として 初陣を飾る。この初陣でめざましい活躍をした信友 は50騎の侍大将に抜擢される。天文16年には上伊那 郡代として高遠城の衛将に。同23年、伊那で知久・ 座光寺らの反乱が起こり、神之峰城の戦いで勝利を おさめた信友は全伊那の郡代となる。弘治2年には 高遠城代となり、相備え200騎を加えた。永録4年の 川中島の合戦には、秋山は隣国の織田信長の牽制の ため、参加しなかった。永禄10年、信玄の6女於松 と、信長の嫡子信忠との婚約が整った際、結納の返 礼の使者に秋山が選ばれ、信玄の名代の役目を果た した。この縁組に反対するものもあったが、『織田 とは友好を保った方が得策』と秋山が勧めたと言う。秋山の外交官としての能力を信玄も信 頼したのだろう。元亀3年、秋山は信玄の西上作戦の先陣を受けて美濃・岩村攻めに出陣。 織田と武田の盟約はこれ以前の三方が原で、織田が徳川に援軍を出したことで既に壊れてい る。岩村城主・遠山景任は信長の叔母を妻に迎え、織田の傘下に入っていた。しかし、景任 は野戦の傷が元で死亡。(病死説もアリ)信長の末子・御坊丸を養子として城主に迎え篭城を 続けていたが、秋山は景任の未亡人、信長の叔母を妻に迎えることと城兵の命を助けること を条件に無血開城に成功する。御坊丸は人質として甲府に送られ、織田と武田は全面戦争状 態に突入。天正元年・(元亀4年)信玄が死去、その2年後の天正三年設楽ガ原で勝頼が敗北 武田は撤退せざるを得なくなり秋山の岩村城は敵中に孤立してしまう。織田信忠の軍に攻め られた秋山は城兵の助命を条件に降伏。しかし信長は約束をやぶり、城兵を騙し打ちにして 皆殺しにしてしまう。そして秋山と、敵将の妻になった自分の叔母を共に逆さ磔と言う戦陣 の作法をも無視した極刑にかけるのである。天正3年12月11月20日。設楽ガ原で散った仲間 に遅れること半年。岩村町の妙法寺・山梨県塩山の恵林寺境内に墓がある。

名前 秋山伯耆守信友。幼名は不明。名前を春近(晴近)とする説もあるが、これは秋山が伊那地方の『春近衆』を率いたことから来る俗説との見方が有力。しかし実は秋山の本名をはっきり記したものは無く、信友の名は『甲斐国志』の所見によるもの。
家紋 三階菱
初陣 天文11年諏訪攻め/6月26日/駒井高白斉隊の一員として/知野伊豆入道揮下の二千の諏訪軍に信州境の大熊口で奇襲・先陣を切る。/16歳
役職 天文15年・1546(20歳)50騎の侍大将(伯耆守に)
同16年・1547(21歳)
上伊那郡代(高遠城衛将)
弘治2年・1556(30歳)
伊那郡代(高遠城城代)・騎馬250騎に
永禄5年・1562(36歳)
飯田城城代
主な戦歴 諏訪攻め・安国寺の戦い・戸石城攻め・第1回川中島合戦・
神之峰城攻め・木曽攻め・岩村城攻め
赴任地 高遠城(天文16・1547)→飯田城(弘治2年・1556)
岩村城(天正元年・1573)
死因 処刑(織田信長に敗れ、夫人と共に逆磔に)・享年49歳
命日 天正3年・1575年11月20日
(飯田開善寺の過去帳には11月28日となっている)
墓所 岐阜県岩村町『妙法寺』・山梨県塩山市『恵林寺』
法名 浄国
※年齢は数え年で統一しています

■秋山信友の系譜
 織田信定






 新左衛門
 信任










┓信秀━信長


┃ 遠山景任
┃   ┣━━ 御坊丸(
織田勝長・信長五男)
┗━
 つや
    ┃(婚姻)
秋山伯耆守信友 ━━━━━━━━━━

信藤(伯耆守)
   (平十郎・光家)
    ┣信時
    ┣政時
    ┣虎康(越前守)
    ┗
女子      ┃
       ┏━━━━┛
       ┣
昌秀(平左衛門)
       ┣
都摩(下山殿・武田信吉母※)
       ┗
女子








昌詮(まさあき・まさあきら)
┃  金丸家三男。土屋昌次実弟。
┃  秋山家養子。
  
秋山源蔵・左衛門佐。
┃  甲州大崎の城を預かり8年在城。
┃  二十九歳、美濃で病死。
景氏
   金丸家七男。源三郎・源三親久。
    兄・昌詮死去の後秋山家を継ぐ。
    天正十年、田野にて勝頼一行に
    殉じる。十七歳。


■秋山家は結局信友の弟・信藤(平十郎・光家)が継ぐ。(寛政重修諸家譜より)秋山の支族は多いので混同されているらしく色々な説がある。正確かどうかは…。
関連史跡 山梨県

加賀美法善寺…

秋山の始祖・加賀美遠光
の館跡。
若草町加賀美。



秋山光朝館跡…
秋山氏発祥の地。甲西町秋山。
館跡には熊野権現が建っている。


秋山光昌寺…
秋山光朝夫妻・加賀美遠光公の墓所。
秋山光朝夫妻の墓 秋山光昌寺
恵林寺墓所
普通の墓地の入り口にある。
秋山夫と、息子の源三(金丸家からの養子)の碑文もある。
甲府市
秋山の屋敷跡は山梨大学の敷地内。
教育学部辺り?
                                                   
長野県
高遠城 太鼓櫓

山本勘介の縄張りという。勘介郭(くるわ)が残る。秋山も補修に当たっている。
秋山の後、勝頼が城主になっている為、近くの建福寺には諏訪御料人の墓がある。またここで討死した勝頼の弟・仁科五郎盛信も高遠城を見下ろす五郎山に眠っている。
飯田城
高遠城の後、この城に移る。今は街中にわずかな遺構が残るのみ。

大島城 大島城址
伊那攻略で武田に下る。元亀2年、信玄上洛の拠点とする為、伊那郡代の
秋山信友が補修にあたっている。丸馬出、二重三日月堀などの遺構が残る。

福与城

藤沢頼親の城。
秋山が一番乗りを果たす。

神之峰城 神之峰城址
天文23年・伊那の知久・座光寺一族が神之峰城を拠点に反乱を起こす。上伊那郡代として
秋山が先行して鎮圧にあたっている。
岐阜
岩村城 別名霧ヶ城。日本三大山城のひとつで日本一標高の高い場所にあるという。秋山よりもその妻となった信長の叔母 が地元では有名。『女城主の里』がキャッチフレーズ。 あとその後城主になった森蘭丸とか。
               岩村城の石垣と本丸跡
大将陣
岩村攻めの際、織田信忠が陣を置いたとされる場所。ここで処刑された
秋山達の首塚とも言われているが処刑は長良川の筈…?かつて山麓には秋山主従を弔う為の『五仏寺』があったそうなので、墓もあったのだろうか。
妙法寺

境内に
秋山一族を弔う為の『まくら塚』がある。
岐阜城 永録11年、織田信長の長男・奇妙丸(信忠)と信玄の娘・於松の婚約の返礼に、信玄名代として秋山信友が赴いた城。その際、この長良川で鵜飼を楽しんだという。しかし天正3年、岩村で捉えられた秋山は同じこの長良川河岸で逆さ磔に処せられたとも伝えられる。
               岐阜城
岐阜城
岐阜城から長良川を望む長良川
関連図書
信長の叔母 阿井景子著/学芸書林
タイトルどーり、信長の叔母・つやと秋山の戦国ロマンス。秋山がとても二枚目でかっこいいです。でももし秋山がぶ男だったら岩村城は武田の手に落ちてないな、この話では。

改正三河

後風土記



桑田忠親監修・宇田川武久校注/秋田書店
秋山のことはほんのちょっと出てるだけだが、『秋山信友は甲州一の美男なり』という一文が必見(?)
城将武田の忠臣・秋山信友の生涯 鬼丸智彦著/山梨日日新聞社
|BACK||TOP||HOME|