| 年表 | | 史跡 | | 関連図書 | | 勘介雑記|   

勘介図
山本勘介晴幸

やまもとかんすけはるゆき


三つ巴 1493〜1561。武田家臣団の中で一番有名な人物であるにも関わらずその正体は謎に包まれている。『市河文書』という書状に『山本管助』の名が発見されるまでは勘介は架空の人物とさえ言われていた。『甲陽軍鑑』によれば天文12年(1543)年に武田家に仕官したことになっている。数えで既に51歳。三河牛久保の出身とされているがこれにも諸説あって、駿河の富士宮市山本にも生誕の地と言われるところがある。全国を巡り諸国の事情に通じ、兵法・武芸に秀でた軍師、ということで板垣信方の推挙により武田晴信は破格の200貫で足軽大将にしたという。当時今川の食客だった勘介。外交役だった板垣と通じ信虎の駿河追放にも影のブレーンとして関わっていたのかもしれない。身の丈短く、色黒い醜男で左目は失明、右足も不自由で手の指も満足ではなかったというのにそこまで重用したのにはこれから版図を広げようという武田家にとって彼の『築城技術』が必要だったからではないかという説もある。実際小諸・海津など信州には彼の縄張りによる城が多数あり後にその技術は馬場信春へとうけつがれている。永録4年の川中島においてあまりにも有名な勘介の『きつつき戦法』はしかし上杉に裏をかかれた形となって武田軍は重大な危機に陥ってしまう。そんな中信玄の弟・典厩信繁が討死、責任を感じた勘介は敵陣に飛び込み戦ったが全身80箇所余りに傷を受けて討死する。『逝くことは流れの如し』山本勘介晴幸、入道して道鬼。享年69歳。勘介の墓は千曲川の土手沿いにあり、戦死の地にあった『勘介宮』も南長野運動公園内に再建されている。また、生誕地と言われている三河牛久保の長谷寺には勘介の遺髪塚もある。『勘介』の名のついた史跡はとても多い。
関連史跡 山梨県
勘介の墓▼高根町の山本家に墓と位牌がある。
長野県
勘介の墓 ▼更埴橋の近くの土手沿いにある。(古戦場ページ参照。) 勘介宮跡
勘介宮跡 ▼もともと勘介の戦死の地に建てられていたもの。移転を繰り返し、現在は南長野運動公園横に新設されている。
胴合橋 ▼討ち取られた勘介の首と胴を繋ぎ合わせたところ。一説には典厩の、とも言われているようだが…
鏡石 勘介が縄張りした小諸城址にアリ。勘介が愛用して磨いていたというハナシ。⇒
静岡県
山本勘介生誕地 ▼富士宮市山本の吉野家という住宅の門前に碑が建っている。吉野家には勘介の系譜に関する由緒書きも所蔵されているという。 山本生誕地
愛知県
山本勘介生誕地
▼三河賀茂の生誕地にも碑が建っている。近くの本願寺という寺には
勘介 両親の墓もある。
賀茂生誕地 勘介の両親の墓
勘介誕生の碑 勘介の両親の墓

長谷寺
▼豊川市牛久保。川中島の決戦を前に介が故郷のこの寺に毛髪を託したのだという。長谷寺には勘介の守り本尊の摩利支天像も安置されている。
遺髪塚
関連図書
武田軍師 山本勘介の謎…渡辺勝正著/新人物往来社
従来の勘介像にとらわれない、新たな視点が面白い。
山本勘助…石川能弘著/PHP文庫
| BACK | | TOP | | HOME |