|年表||史跡 ||関連図書|

勝頼図武田勝頼
たけだかつより
1546〜1582。武田信玄の四男、四郎勝頼。母は諏訪頼重の娘。諏訪家を継ぐ筈だった信玄の妹・禰々と頼重の子、寅王丸が夭折(諸説あり)した為、諏訪の血をひくこの勝頼が諏訪家を継ぐことに。永録5年、伊那郡代として秋山信友の跡をうけて高遠城に入り、その頃正式に諏訪の名跡を継ぎ、諏訪四郎と名乗っている。そして永録8年11月織田信長の姪であり養女(苗木城主・遠山勘太郎の娘)と結婚。2年後の永録10年(10月に兄・義信が幽閉先の東光寺にて死去)11月に御曹司・信勝が誕生するが母は難産の為死亡。義信亡き後、信玄は四郎を後継ぎにと考えたようだ。順番から言って至極当然のようにも思えるが『軍鑑〜』はあくまで四郎は信勝元服までの陣代としている。しかし、四郎は元亀2年の3月頃には高遠を出て、甲府に戻り『武田四郎勝頼』として父の帷幕に列席する様になる。だが元亀四年、信玄が没すると、信玄派・勝頼派の対立が始まる。信玄に見出され、重用された実戦派の宿老達と、それを面白くないと思っていた譜代の重臣達の確執が表面化してきたのである。ことに『〜軍鑑』で槍玉に挙げられている長坂釣閑・跡部大炊助の側近政治は、宿老達と勝頼との溝を深めた。そんな中、信玄の死を察した徳川の動きが活発化。天正元年、武田の支城であった長篠城が落とされる。一方勝頼は翌天正2年、東美濃に出兵、織田方の支城を次々落し、勢いに乗って父・信玄も落とせなかった高天神城も手に入れる。周囲では上杉・徳川・織田の『勝頼包囲網』が張られて苦しい状態だったが、父を乗り越え、内外に自分を認めさせたかった勝頼には宿老達の諌めも届かなかった。そして運命の天正3年、長篠城を囲んだ勝頼は織田・徳川連合軍と設楽ヶ原で戦い、大敗を喫すのである。連携の必要性を感じた勝頼は、天正5年、北条氏政の妹を娶っている。だが天正6年、越後の上杉謙信が急死。謙信の二人の養子・上杉景勝と景虎(北条氏政の弟)の間で跡目相続の争い『御舘の乱』が起こる。すぐさま勝頼は越後に出兵。妻の兄であり、景虎の実兄である北条氏政の要請があったとも言われているが、攻めるに敵国の混乱に乗じるのは常套手段。そんな勝頼に上杉景勝から好条件での同盟の申し入れがあり、これを受けた勝頼は兵を引く。この後、景虎が破れ、自刃するにいたって北条と上杉の関係が悪化、延いては北条と武田も断交となってしまう。勝頼自身氏政の妹婿でもあり、氏政が武田・上杉を敵に回すとは思わず、北条との関係を維持したまま上杉とも同盟を結ぶつもりだったのかもしれない。天正9年、高天神城が再び徳川の手に落ちると織田の甲斐・信濃への進出に備えて勝頼は真田昌幸に命じて新府城の普請に取りかかる。天正9年12月末には移転するが、翌10年1月に妹婿・木曽義昌が織田に寝返り、織田・徳川の甲斐侵攻が始まる。しかし信濃の武田の城は高遠城の仁科盛信の奮戦以外は殆ど戦わずして敵に落ち、駿河では穴山梅雪も徳川に寝返ってしまう。勝頼はわずか3ヶ月で新府城を捨てて逃げる事になる。小山田信茂の岩殿城か、真田昌幸の岩櫃城かの最後の選択で岩殿城に向かった勝頼だったが、そこで小山田氏にも裏切られ、再び上州を目指すが、天目山に至り敵に挟み撃ちにされ、遂に妻子とともに自刃。天目山には勝頼親子の菩提を弔う為の景徳院が建てられ、殉死した家臣達の碑とともに勝頼親子3人の墓が並んでいる。
■勝頼の系譜


信玄
 ┣━

諏訪
御料人






おりゑの方
(信長養女)

┣━━━━
四郎勝頼┓


武王信勝


女(林葉大姉)
女(新典厩室)
女(貞光大姉)
男(周哲大童子)
勝三
男(本光信継(桂)庵主)











信勝以外の子供はあまり知られていないが勝頼には少なくとも3人の側室がいたと言われている。『新典厩室』というのが、武田信豊(武田信繁の子)の子・次郎の妻となった娘である。始め穴山信君の息子に嫁す予定だったのだが、勝頼は『仲のいい』信豊の子の方に嫁がせてしまう。これも後々の裏切りに繋がった要因かもしれない。
■理慶尼記
落ち延びる勝頼一行の様子を、大善寺の理慶尼が書き綴っている。粉飾の多い文章なので、史料としてはあまり評価されていないが、理慶尼が書いたものだと考えるなら内容に多少脚色を加えたとしても、実際目の当たりにした事に対する彼女の想いは真実であろう。その中にある辞世の句(本人が実際詠んだものではないだろうが…)

勝頼 『おぼろなる月もほのかに雲かすみ 晴れてゆくゑの西の山の端』
(土屋昌恒の返歌)『おもかけのみおしはなれぬ月なれば いづるも入るも同じ山の端』
信勝 『あたに見よたれも嵐の桜花 咲き散るほとは春の夜の夢』
理慶尼…武田信虎の弟・勝沼信友の娘。信玄には従妹である。雨宮氏に嫁ぐが、
父が信玄に誅され、離縁されて出家した。
■勝頼の最期
甲陽軍鑑 『左に土屋殿弓を持って射給ふに、敵多勢故か無の矢一ツもなし。中に勝頼公白き御手のごひにて鉢巻をなされ、前後御太刀打也。土屋殿矢尽きて刀をぬかんとせらるる時、敵槍六本にてつきかくる。勝頼公土屋を不憫に思召候や、走寄給ひ左の御手にて槍をかなぐり六人ながら切り伏せ給ふ。勝頼公へ槍を三本つきかけ、しかも御のどへ一本、御脇の下へ二本つきこみ、押しふせまいらせて御頚を取候。』
武田三代軍記 『敵兵数十人同ニ進ミ、土屋惣蔵ニ槍付ル屋形土屋ヲ不憫ニ思召シ、真先ニ進ンダル敵ヲ六人切伏セラレケルニ、敵兵四方ヨリ進ミ重テ勝頼御父子ヲ槍付ル、此時又敵兵数ヲ盡シテ討タレ、味方モ悉ク討死シテ、御父子ノ御首ヲモタマハリケリ…』
甲乱記 『死出三途をば我手を取て引こし参らせんとて、北の方の御腹につき立玉フ、脇指の柄も身も朱に染りたるを、衣のはしにて押拭ヒ、白ク清げなる膚を押はだぬぎ、腹十文字にかき破り、腹(ハラワタ)ヲ抓んで四方へ投げ捨て、北の方と同ジ枕に伏し給フ。誠ニ不生不滅の心とは申シながら、又一念五百生、繋念無量劫の業なれば泥犁の底迄も、同ジ思の炎にや焦レ玉フらんと哀也。』
改正三河後風土記 『伊藤伊右衛門が咄とて津田幸庵が物語せしは、近年の物語を見るに、勝頼切腹と書きたるもあり、又事々しく戦て討死し給ふ様に書たるもあれども、我その頃は小平次といひ、滝川方に居て、伊右衛門と傍輩なれば、まのあたり見たるに左様にてはなし。勝頼は鎧の櫃に腰を掛け、太刀にて防戦し給ふといえども、飢疲れ給ひ何の働きもなく、伊右衛門討取りたりと、板倉周防守宅にて物語せしと見えたり。』
大方は『甲陽軍鑑』をもとに書かれたと思われるものが多い。ただ、異色なのは『三河後風土記』に、参考として引用されている伊藤伊右衛門の話である。(『〜風土記』も本編では軍鑑の記事を採用している)疲れ果て、抵抗する力も無く討取られた勝頼の姿は、あまりにも悲しいが一番リアルに思い浮かぶ。実際の戦いの末路とはこういうものかもしれない。
土屋惣蔵昌恒(1556〜1582) ※写真の看板をクリック!       更に詳しく▼
片手千人斬りの碑 『土屋惣蔵二十歳是ハ金丸筑前守ガ五男ニテ土屋右衛門尉ガ弟ナリ。容顔美好ニシテ心剛ナリケレバ勝頼ノ御寵愛並ビ無シ』…本姓・金丸惣蔵。金丸虎義の五男。土屋昌次の実弟である。幼少から勝頼に近侍していたというが詳しい事は分からない。永録11年12月12日昌恒13歳、今川攻めの際兄・土屋昌次隊に加わり初陣、今川の勇将・岡部忠兵衛の士卒を討ち取り軍功を挙げる(宇津房の合戦)。この岡部忠兵衛は後に武田に降り、土屋豊前(備前)守直規(貞綱)と名乗り昌恒を婿として迎える事になる。その後昌恒は勝頼の命により清水の城を預かる。義父・土屋豊前が海賊衆だったため、昌恒も海上生活をしたのだろうか。若年ながら上州攻め・相州・長篠と勝頼の先手として活躍、最期の天目山では、片手は蔓に捕まりもう片方の手で寄せ来る敵を斬っては崖下に蹴落としたと言う『片手千人斬り』(写真はその史跡)の伝説を残した。享年27歳。墓は金丸氏の居館跡・長盛院にあり。(個人的にちょっと贔屓…)

関連史跡 山梨県

甲将殿↑(景徳院内)
没頭地蔵
↑景徳院横の没頭地蔵尊
勝頼親子の墓
↑景徳院にある墓(左から北条夫人・勝頼・信勝)
新府城 天正9年、勝頼が真田昌幸を普請奉行にして作らせた城。韮崎の七里岩の上に遺構が残る。

大善寺 落ち延びる途中の勝頼一行が立ち寄った。この寺の理慶尼がその最期の様子を綴った『理慶尼記』が有名。
景徳院 勝頼親子が自刃した場所に建てられた。『生害石』や首のない遺体を埋めたと言う『没頭地蔵』なども

棲雲寺 勝頼主従が最後に目指した寺。武田家に関わる寺宝や、境内に鎌倉時代の武田信満の墓がある。


大泉寺 信虎公の菩提寺だが、信玄・勝頼の墓も並んでいる。

法泉寺 唯一勝頼単独の墓所。信長によって京に晒された勝頼の歯髪を持ちかえって埋めたという。
↑法泉寺歯髪塚
長野県
建福寺  
高遠城 永録5年・17歳の勝頼が諏訪氏を継ぎ、伊那郡代として入った城。武田崩れの際、弟の仁科盛信が壮絶な最期を遂げた事でも有名。
建福寺 勝頼の母・諏訪御料人の菩提寺。
諏訪御料人の墓


←建福寺
         諏訪御料人の墓→
愛知県
勝頼指揮の地
長篠・設ヶ原古戦場 言わずと知れた、勝頼が大敗を喫した戦場。本陣を置いた『医王寺』、『勝頼公指揮の地』などの史跡が残る。
←勝頼指揮の地((終焉の地・大和村の石で作られたと言う)
その他
妙心寺… 京都・花園。京で晒された勝頼親子・武田信豊が葬られた。墓は信玄・勝頼・信豊のものとなっている 高野山の墓
妙心寺
妙心寺の玉鳳院
高野山… 和歌山県。信玄・勝頼・馬場信春の墓がある。↑

勝三の墓
善念寺…

兵庫県尼崎。武田勝頼の三男・武田勝三勝親の墓がある。父・勝頼が天目山で戦死した後、西摂津の大名・池田信輝を頼り、この地に住んだという。墓碑は『山県長周』で、山県昌景の末裔と言われている…
関連図書
定本
武田勝頼
上野晴朗著/新人物往来社
武田勝頼について一番詳しいのではないだろうか。勝頼ファン必携の本…だと思う。
落日の武将武田勝頼 上野晴朗著/山梨日日新聞社
上記と同じ上野氏の本なので内容的にはあまり変わらない。

涙、らんかんたり
武田勝頼の
正室(つま)

阿井景子著/講談社

戦国女性といえばこの人!と言った感のある阿井さんの小説。ヒロインは14歳で勝頼に嫁いだ北条夫人。阿井さん御本人は『勝頼びいき』と公言していらっしゃる。

武田勝頼
(全3巻)

新田次郎著/講談社
もともと続・武田信玄として書かれたものらしい。信玄亡き後の武田家を描いている。新田氏は諏訪出身。どうりで諏訪御料人や勝頼贔屓なのだなあと思った…
| BACK | | TOP | | HOME |