武田の古戦場、と一口に言っても
枚挙に暇なし…ということで少しづつ紹介したいと思います。
頑張って更新していきますのでよろしく〜!

|||||長篠・設楽原|||||



長篠
愛知県鳳来町長篠(JR飯田線・長篠城駅)
長篠城本丸

長篠城本丸跡。長篠の戦とは本来、長篠城を囲んだ武田勝頼軍と城主奥平貞昌軍との戦いを言います。その援軍に来た織田・徳川連合軍と設楽原で決戦に及んだのが『設楽原の戦い』で、ここで武田は壊滅的な大敗を喫することに…。
長篠城址史跡保存館
本丸入り口には史跡保存館があり、長篠城で使っていた『血染めの陣太鼓』などがあります。ここで販売されている本などもお薦め。

9時〜5時(入館4時半まで)
毎週火曜休館
鳶ヶ巣山
長篠本丸から鳶ヶ巣山を望む。

武田信実らはここに陣をしき、長篠城の押さえとなっていたが、21日未明徳川軍の奇襲を受けて奮戦空しく全滅。
大通寺の杯井 大通寺の盃井戸。
設楽ヶ原出陣が決まった5月20日、馬場・土屋・内藤・山県が別れの水盃を交わしたと言われている。木柱には4人の名が書かれている。
杯井の木柱
鳶ヶ巣の戦い
天正3年5月8日武田勝頼は一万五千の大軍を以って長篠城を包囲した。その時
乗本側に五つの砦を築き守兵一千を配し包囲の一環とした。君ヶ伏床には和田兵部、姥ヶ懐には三枝勘解由兄弟、鳶ヶ巣には主将武田兵庫頭信実、中山には名和無理之助並びに五味与惣兵衛、久間山には浪合民部等がこれにより堂々の陣を張っていた。20日の夜、徳川の臣・酒井忠次は、四千の兵と5百丁の鉄砲隊を引き連れ吉川の松山峠を越えひそかに五砦の背後に迫っていた。21日の払暁、酒井軍は鉄砲を合図に鬨の声をあげて一斉に攻め込んできた。武田軍は狼狽しながらもよく防戦、特に鳶ヶ巣では壮烈な争奪戦を三度も繰り返したがついに衆寡敵せずして信実以下ことごとくここに戦死を遂げたのである
姥ヶ懐
姥ヶ懐
三枝守友・守義の墓
姥ヶ懐の三枝守友・守義兄弟の墓
鳶ヶ巣山武田戦没将士の墓
鳶ヶ巣山本陣の武田戦没将士の墓
鳶ヶ巣山から見る長篠城址
鳶ヶ巣山から長篠城址を望む
馬場信春の墓
長篠にも馬場殿の墓がある。ここが一番立派。
記帳ノートも用意されている。
横田綱松の墓

横田十郎兵衛康景(=綱松)の墓。

小山田昌晟の墓と並んでいる。
医王寺・武田勝頼本陣の碑物見櫓
長篠の戦いの際、武田勝頼が本陣を置いたと言う医王寺。1575年5月19日、ここで軍議が行われ設楽ヶ原への出陣が決定しました。。境内の『弥陀ヶ池』には、勝頼の設楽ヶ原出陣を諌めたアシが勝頼の勘気に触れて斬りつけられ、片葉になったと言う『片葉のアシ』が生えています。(ちょっと分からなかったですが…)また、この裏山には武田軍全部の陣を見渡せたと言う物見櫓⇒が再現されていますので、登って見るべし!。
長篠の戦いと言えば、長篠城を抜け出し徳川の援軍を呼びに行き、武田に磔にされたヒーロー・鳥居強右衛門を忘れちゃいけないのですが、武田贔屓にはどーでもいいカンジ?(^_^;)