| 年表 | | 史跡 | | 関連図書 | | 高坂雑記| 

高坂図

高坂旗
高坂弾正忠昌信
こうさかだんじょうのじょうまさのぶ

十六葉ノ重菊1527〜1578武田軍の兵糧係の頭領だった石和の豪農・春日大隈の子。春日源助と名乗っていた16歳の時姉婿と土地のことで訴訟を起こし、その公事の場で、父・信虎を追放し、武田の当主になったばかりの武田晴信に見初められる。公事には負けるが武田家への仕官が決まり、20日のうちに主君の一番近くに仕える奥近習に抜擢される。大変な美童で、晴信の寵愛も相当深かったと思われる。その証拠に源助に浮気を詫びた『誓詞』が今も東大の史料編纂所に現存している。しかし、源助は主君の寵愛に甘えることなく修行を積み、使い番を経て、26歳の時信州小岩岳城攻略の殊勲者として侍大将に抜擢され、春日弾正となり騎馬150騎を預かるようになる。信州・小諸城代雨飾城代を経て川中島を望む海津城主に。この時、武田に反旗を翻して誅された高坂某の妹を娶り香(高)坂弾正と名を変える。虎綱を名乗ったのもこの頃か。『高坂』の名が、この地を治めるのに都合がイイと考えた訳だが『春日』も同じ信州の名族の名であることが分かり間もなく本姓に復している。それにしてもこの時が高坂の初婚だとすると33歳…随分遅い結婚である。川中島の戦の際は、妻女山迂回部隊を指揮したと言われている。戦の後、敵味方の区別なく戦死者を葬り、遺品を越後に届けさせたと言う。信玄亡き後殉死を願い出るが一条信龍らに止められ、今度は自分が土屋昌次らの殉死を止める役に回らなければならなかった。設楽が原には越後の押さえのため参戦しなかったが、味方が不利と聞き急遽兵8000を率いて戦場に向かうが、時すでに遅く敗走してきた勝頼一行を測らずも出迎える形になった。高坂は、一行の武具一式を取り替え、敗戦の見苦しさを感じさせないよう配慮した。しかし、高坂の数々の進言も悉く勝頼に退けられ、苦悩の内に天正6年、5月7日病没する。享年52歳。墓は海津城のある、長野県松代町の明徳寺にあり。

名前 幼名・春日源助、元服して源五郎。士大将となり春日弾正忠昌信(昌宣・昌忠とも)へ。海津城代となり香坂(高坂)弾正忠虎綱に。間もなく春日姓に戻り春日弾正忠虎綱となる。高坂弾正と言う名は俗称らしい…?
十六枚菊・丸ノ内三引軸(甲鑑戦跡紀行)
初陣 よく分からないが、武田に仕えて間もない諏訪攻めに
参加したのではないか。
役職 奥近習(16歳)〜使い番12人衆に名を連ねる
天文21年・1552年(26歳)小岩岳城攻略の手柄により50騎の士大将になり弾正忠を名乗る。同年100騎加増・150騎を預かる。
主な戦歴 小岩岳城攻め・雨飾城攻め・第四回川中島合戦・箕輪攻め・
二俣城攻め・三方ヶ原合戦・野田城攻め
赴任地 小諸城(天文22・1553)→雨飾城(弘治2・1556)→海津城(永録2・1559)
死因 病死。胸の病というのが定説だが?享年52歳
命日 天正6年・1578年5月7日(同11日、6月14日説もあり)
墓所 長野県・松代町『明徳寺』/山梨県・塩山市『恵林寺』
法名 保雲椿公禅定門
戒名 憲徳院玄菴道忠居士
※年齢は数え年で統一しています


誓詞

  一、

  一、


  一、












弥七郎にしきりに度々申し候へども、虫気の由申し候間、

了簡なく候。全くわが偽りになく候。
弥七郎伽に寝させ申し候事これなく候。この前にもその儀
なく候。いはんや、昼夜とも、弥七郎とその儀なく候。なか
んづく今夜、存知よらず候のこと。
別して知音(ちいん)申し度きまま、急々走り廻ひ候へば、
かへって御疑ひ迷惑に候。

この条々、偽り候はゞ、当国一二三大明神、富士、白山、

ことには八幡大菩薩、諏訪上下大明神、罰を蒙るべきもの
なり。よって件の如し。
内々宝印にて申すべく候へ共、甲役人多く候間、白紙
にて。明日重ねてなりとも申すべく候。

 七月五日            晴信(花押)

               
              春日源助どの  
(現代語訳)
今まで弥七郎に言い寄ったことはありますが腹痛だなどと言って断られました。
弥七郎を伽(とぎ)に寝させたことはありません。この前にもそのようなことは
ありません。もちろん昼夜とも弥七郎とそのようなことはありません。まして今夜
など思いも寄らないことです。特に貴方と特別な仲になりたいと色々手だてを
巡らすと返ってお疑いになり困ってしまいます。このことに嘘があれば、当国の
一二三大明神、富士、白山、殊に八幡大菩薩、諏訪大明神の罰を蒙るでしょう。
本来なら宝印(熊野牛王宝印の判紙)に書くべきだが、甲府の役人の目がうる
さいので、白紙に書きました。明日にでも重ねて正式の紙に書きましょう。
■ちょっと追記■
これが書かれた時期は『晴信25歳・源助19歳』というのが定説らしいが実際の
ところはよく分からない。19歳でまだ寵童が勤まるのか…むしろ念友か?謎(^_^;)。
この様に敬語が使われているのが特徴で、源助に対し単なる家臣扱いを
していないところがまさにラブレター(笑)であることの証明。
■高坂弾正の系譜
春日大隅┓
      ┃
      ┃

      ┣

      ┗














惣右衛門
┣━惣次郎


高坂弾正忠昌信


















昌澄
┃ 昌信嫡男。通称源五郎、昌宣、信秀とも言う。
┃ 天正3年(1575)長篠役に戦死。

信達(源五郎)
┃ 昌信次男。天正10年(1582)3月、武田氏滅亡の頃は
┃ 駿河三枚橋城(沼津城)にあり。
┃ のち、海津に帰り北条についた真田昌幸と通じたとして
 上杉景勝に妻子共々殺される。或いは徳川軍の同城攻略の際、
┃ 森勝蔵に殺されたとも

昌定
  昌信三男。通称源三郎(一説勝五郎)。天正10年海津落城後、
  越後に逃れ、小幡光盛を頼る。のち下伊奈天竜川辺に蟄居。

  ┗昌国
    昌定の子。通称源五郎。昌信以来の記録を相伝、
    小幡景憲巡歴の際訪ねる。
    後保科正之に300石で禄仕という。
                    
■『日本兵法史』高坂氏系譜参考。『高坂昌信伝記』(有沢永作)というのがあるらしいが元禄11年って…遅すぎるってば!
関連史跡 山梨県
石和町 『甲斐国志』に『石和宿ノ東広岡ト云フ処ニ民戸三四アリ方五十六間ニ残塁ヲ存ス高坂弾正ガ産スル旧跡ナリト云フ…』とある。現在、石和温泉駅から南下して信号『警察署前』〜『南小入口』の西、県道301号線までの間に『広岡』という字名が残る。かつては石垣も残っていたそうだが明治40年の水害で埋もれてしまったらしい。

紺糸威具足(伝高坂弾正所有)⇒武田神社所蔵の『高坂の鎧』
紺糸威具足/東部六三部隊長寄進
甲府市
←躑躅ヶ崎館跡・武田神社東の駐車場の南側がかつての
高坂氏の屋敷跡と思われる。ちなみに駐車場は大手馬出の跡。
長野県
海津城 長野市松代町。高坂弾正が在城した。しかし地元では真田の『松代城』として知られている。
明徳寺
松代町豊栄。高坂の菩提寺。
山門をくぐるとすぐに 看板が立っている。昔、この墓石が「おこり」という病に効く と言われて 砕いて持ち帰る者が多かったという。寺宝には高坂の遺品があると聞いたが…







弾正
屋敷跡

松代町松代。大林寺と大英寺の間に土塁跡が残っている…らしいのだが、…よくわかんなかった。


小諸城
小諸市古城。最初に
高坂が任された城。山本勘介の縄張り (設計)と言われている。勘介が愛用したと言う 『勘介の鏡石』とかいうものがある。


小岩嶽
城址

安曇郡穂高町。城址は現在、城址公園として整備されていて、櫓門→やのろし展望台なんかもある。天文21年、高坂はこの小岩岳城攻めで手柄を立て侍大将に昇進。城址広場の片隅に戦没者の墓が残されている。
(ちなみに真田信綱初陣の城でもある。)
愛知県
設楽ヶ原にある、高坂昌澄・高坂昌信親子の碑。昌澄はここで戦死しているが何故参戦していない父の昌信の碑まで?いろはかるたは
『留守の役 高坂弾正は海津城』
ちょっと無理矢理?
ところでここに昌澄は享年25歳とあったが、そうすると高坂25歳の時の子供。香坂氏の養子になる以前に嫁なり側室なりがいたのだろうか。
関連図書
甲陽軍鑑……磯貝正義・服部治則校注/新人物往来社(全3巻)
云わずと知れた武田研究には欠かせない本。高坂が書き、 甥の春日惣次郎・大蔵彦十郎が書き継ぎ、小幡景憲が編集した。現代語訳版も教育社新書から出ているが、こちらはカット部分が多い。
甲陽軍鑑大成……酒井憲二著(本編上・下・索引編・研究編・影印本上・中・下)
最新の『甲陽軍鑑』研究本。『本編上・下・索引編・研究編』4冊と影印編3冊の計7冊あるが本編は上記『甲陽軍鑑』と元にした底本が違うだけで内容はほぼ同じ。影印本とは書物を写真に撮った物。本編下巻に収録されている『甲陽軍鑑末書』が興味深い。 高坂弾正/国芳
▲『国芳』の二十四将図より高坂の図。頭に象が乗っているのがラブリ〜vv
『高坂弾正考』…小林計一郎・日本歴史245号(1968)
小林氏を『高坂弾正研究の第一人者』と私が思う所以。雑誌の記事ではあるが高坂個人を取り上げた稀有な論文。
武田信玄……斎藤吉見著/信濃路出版改めアース工房
タイトルに反して中身は高坂が主役(笑)信玄が高坂にベタ惚れなのがまた一部のファンの心をくすぐり、これまた一部で大人気。(*^_^*)
野望(全4巻)・覇者(全3巻)… 井沢元彦著/祥伝社
これもいつのまにか高坂主役の本。仕方ないかも知れないが、参謀が主役になると、どーしても主君の影が薄くなる気がする。
         
| BACK | | TOP | | HOME |