|年表|| 史跡 | | 関連図書 | 

昌幸図真田旗
真田安房守昌幸
さなだあわのかみまさゆき


六連銭 1547〜1611。真田幸隆の3男。長兄信綱、次兄昌輝、弟に信尹がいる。まだ真田源五郎と名乗っていた7歳の時、上田の秋和郷の領地と引き換えに人質として甲府に送られる。(もっとも領地は戸石城攻略の恩賞で、人質と言うのも形ばかりのことだった)その頃から昌幸は奥近習として晴信の身近に仕え、後に『真田日本一の兵』と言われる戦略・戦術の基本を身につけて行くのである。初陣は永録4年の川中島。15歳の昌幸は武田・上杉の激戦の中、本陣を固める旗本隊として参戦、同じく初陣の土屋昌次と共に危機が迫ったときにも持ち場を離れなかったという。その激戦のさなか兄の身代わりとなって壮絶な戦死を遂げた信玄の弟・信繁に感銘を受けた昌幸は後に自分の息子に『信繁』と名付けている。これがいわゆる『真田幸村』である。信玄の命で、絶家となっていた甲斐の名門・武藤家の名跡を継ぎ、武藤喜兵衛となった昌幸は土屋昌次・甘利昌忠・曽根昌世・三枝守友・長坂源五郎等と共に『6人衆』として常に信玄の側にいて活躍。永録末年頃には家老衆に次ぐ旗本の地位にいたと思われる。しかし信玄没後、父・幸隆が後を追うように逝き、設楽ヶ原で兄二人が戦死した為旧姓の真田に復姓、真田昌幸と名乗りを変える。安房守を名乗るようになったのは天正8年頃の事だという。勝頼の時代には西上野を押さえ、沼田城を手に入れ、利根・吾妻ニ郡を武田の勢力圏とする。しかし、昌幸の躍進とは裏腹に主家の武田には衰退の翳りがみえはじめ、昌幸が普請した韮崎の新府城もわずか3ヶ月で捨てて逃げることになってしまうのである。勝頼の最後の選択は昌幸の岩櫃城に逃げるか、小山田信茂の岩殿城に逃げるかだった。結局小山田氏の岩殿を選んだ勝頼は土壇場で叛かれ、逃げる途中の天目山で自刃。武田は滅亡してしまうのである。主家を失った昌幸は織田・北条・上杉・徳川・豊臣と渡り歩き、関ケ原の戦いの際には西軍につき、家康の嫡男・秀忠の軍を上田に足止めしたのは有名な話である。しかし結局敗軍の将として高野山に配流され、生涯を閉じる。墓は九度山の真田庵にあり。

関連史跡 長野県
真田町の長谷寺長谷寺
昌幸像 信綱寺
信綱寺
長谷寺
真田町。昌幸の父・幸隆が創建した。
幸隆夫妻、昌幸の墓がある。

真田氏
城跡

上田以前の真田氏の拠点。近くに居館跡も残っている。

真田氏
居館跡

幸隆・信綱
の代に用いられた屋敷跡。今は御屋敷神社となっている。

真田氏居館跡
真田氏居館跡・御屋敷神社
真田氏
歴史館

御屋敷公園内にある史料展示館。内の『真田庵』のくるみおはぎがおいしい(笑)。
信綱寺
昌幸
が長篠で散った兄・信綱を開祖として改めた寺。信綱の部下・白川兄弟が長篠から信綱の首を持ち帰りここに葬ったという。その時首を包んだ『血染めの陣羽織』と『鎧の胴』が宝物館に納められている。



上田城 真田岩
上田市。武田氏滅亡後、
昌幸が築城し、初代城主に。敷地内の博物館は必見。真田神社や、真田井戸など見所も多い。

昌幸が上田城築城の際切り出したという『真田岩』⇒
大輪寺
昌幸
の妻・寒松院の墓がある。松代の大林寺にもあり。

長国寺
松代町。
昌幸の長男・信之の廟所がある。真田家代々の墓の中に幸隆・信綱・昌幸の墓もあり。松代は信之以降の真田の本拠地で真田宝物館、真田邸などもある。
群馬県
岩櫃山
岩櫃城跡
岩櫃城祉 吾妻町。長野の真田町から東に位置するこの城に幸隆・信綱・昌幸が在城。武田時代の真田氏の管轄だった。東の山腹に本丸跡があり。近くに昌幸が勝頼の為に建てた館を移築したと言う『顕徳寺』がある。                            ⇒『武田三名城』参照
沼田城祉 勝頼の時代に昌幸が攻略。武田氏滅亡後も沼田領を治める拠点となる。今は城祉公園となっている。
名胡桃
城祉

昌幸
が沼田攻略の拠点とした。城祉碑、遺構が残る。
                             ⇒『上野の城』参照
和歌山県
九度山…関ケ原の合戦の後、西軍についた真田昌幸・信繁親子が配流さ
       れた所。屋敷跡は『真田庵』(善名称院)となっていて境内にここ
       で生涯を閉じた
昌幸の墓があります。

真田庵昌幸の墓         
真田庵 
                    昌幸の墓
関連図書
真田三
代軍記
小林計一郎著/新人物往来社
真田幸隆・昌幸・幸村についての資料。
  

真田昌幸…


柴辻俊六著/吉川弘文館
人物叢書シリーズ。昌幸の経歴・家族・戦歴など項目別になっている。
真田昌幸…

竜崎 攻著/PHP文庫
小説。今まで余り取り上げられてなかった昌幸の武田時代が中心となっている、『武田時代の真田』ファンには嬉しい本。
| BACK | | TOP | | HOME |